SIMだけ購入? VS 端末同時購入


格安スマホを使うということは今まで使っていた大手キャリア3社
(docomo、au、Softbank)のスマホから乗り換えることになります。
この大手3社は1990年代、携帯電話が一般化される前から長い時間をかけて基地局を増設し提供エリアを広げてきました。

それでは、大手3社以外が提供している格安スマホで
本当にきちんとつながるのでしょうか? 大丈夫です! 
格安スマホの多くはdocomo回線を使用しています。

携帯電話事業を行うには各事業者が総務省に申請を出し、特定の電波を使うための認可を得る必要があります。 しかし、電波には限りがあるため、すべての事業者が総務省から認可を得ることはできません。

そこで、認可を得た事業者は別の事業者に電波と設備を貸し出さなければいけない決まりが存在します。 このように総務省から認可を受けずに、すでに認可を得た事業者から設備を借りてサービスを提供している事業者のことをMVNOと呼び、
日本ではDocomo、au、Softbankなど大手キャリアが総務省から認可を受けています。

そこで、ほとんどの格安スマホではドコモの回線を借り、MVNOとしてサービスを提供していますので、格安スマホの提供エリアはドコモと全く同じです。
提供エリアだけではなく、つながりやすさや回線速度などもすべて
Docomoと同じ品質で利用することが可能なのです。


ご家庭に高速LAN回線がおありでしたら「ファームウェアの更新」
「アプリの更新」、は家庭内Wifiでダウンロードしていただけたら
「通信費は無料」 格安スマホの容量でも 安心して使えます

格安スマホを購入したら是非、ご家庭内のNET回線もご検討ください!!

2015年8月発売の「NURO」なら つなぎ放題& パソコン、モバイル、ゲーム機5台まで「セキュリティーまで無料です